MENU

プリモディーネとエトヴォスVCローションを比較してみた!

プリモディーネ,VCローション,エトヴォス

 

 

大人ニキビや毛穴の悩みに効果のある、プリモディーネのVCローション。

 

「Amitose3GA」という進化型のビタミンC誘導体を使うことで、従来のビタミンC誘導体の効果、「ニキビや美白」に加え、「保湿・エイジングケア・低刺激」を実現しました。

 

アルコールフリーで敏感肌でも使えると大人気の商品です。

 

 

対して、エトヴォスのVCローション。

 

エトヴォスといえば、大人気ヘアメイクアーティスト河北裕介さんが愛用しているミネラルファンデーションやチークが有名ですよね。

 

実は、エトヴォスは、メイクアップ用品だけでなく、スキンケア用品も実力派ぞろいなんです。

 

 

大人ニキビや毛穴にお悩みの方には、どちらも魅力的な商品です。

 

 

「…正直、どちらを買うか迷っている…でもどちらを選んだらいいかわからない…」

 

 

という人も多いのでは?

 

そこで今回は、プリモディーネのVCローションとエトヴォスのVCローションを徹底比較していきたいと思います。

 

 

 

プリモディーネとエトヴォスVCローションを成分や価格で比較!

  プリモディーネ エトヴォス
会社名 株式会社FLAIR(大阪) 株式会社エトヴォス(大阪)
通常価格 5000円(抜) 3800円(抜)
容量 100ml(約45日〜60日分) 150ml(約71日分)
通常価格の1ヶ月分のコスパ 2500円(抜) 1605円(抜)
定期購入の価格 4250円(抜)15%オフ! 3420円(抜)10%オフ!
定期便の解約方法 マイアカウントから解約可能。 肌トラブル等の理由で解約を希望される場合のみ
トライアルの有無
  • VCローション5mL×3本+1本、
  • 洗顔料10mL×1本、
  • NEW セラミド化粧水10mL×1本、
  • NEW ビタミンジェル10g×1個)
  • 《1800円→今だけ1500円!》
  • クリアソープバー(洗顔石けん)10g
  • 薬用アクネVCローション(化粧水)30ml
  • 薬用アクネVCクリームジェル(美容クリーム)10g
  • バランシングVCクリアジェル(部分用美容液)5g
送料 スターターセットは無料。税込み4000円以上で無料。それ以下だと全国一律500円 お試しセットは無料。税込み5400円以上で無料。それ以下だと450円(沖縄900円)
有効成分 Amitose3GA(水溶性VC誘導体)8%、APPS(最新型VC誘導体)1% 3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)、グリチルリチン酸2K(甘草エキス)

 

 

 

プリモディーネと比較してみてわかったこと!

コスパがいいのは、エトヴォスVCローション!

通常購入した場合、1ヶ月のコスパは、プリモディーネのVCローションが100ml5000円で約60日使用したとして…

 

「1ヶ月(30日)あたり2500円」

 

 

エトヴォスのVCローションが、150ml3800円で71日使用したとして…

 

「1ヶ月(30日)あたり1605円」

 

 

エトヴォスのVCローションの方が安いですね。

 

化粧品は、最低でも3ヶ月使ってみないとその効果はわからないと言われています。

 

毎月、美容に使える美容代に限りがある…という方で、中途半端に1ヶ月2ヶ月で辞めてしまうのであれば、続けられる価格のエトヴォスのVCローションの方がおススメです。

 

ただ、この後に詳しく書きますが、成分としてはプリモディーネのVCローションの方が格上です。

 

 

定期コース解約の手軽さはプリモディーネのVCローション!

化粧品は、最低3ヶ月使ってみないとわからない…と先に書いたように、初めのお試しセットで気に入った場合、ほとんどの方が、定期コースでの契約になるかと思います。

 

通販の定期コースで気になるのは、「すぐに解約できるかどうか?」ですよね。

 

定期コースを解約する際にお手軽なのは、プリモディーネです。

 

プリモディーネはサイトのマイアカウント上からクリックで解約できるのに対し、エトヴォスは電話かメールでの問い合わせが必要です…

 

これ結構、嫌ですよね…( ;´Д`)

 

「定期コースを止めたい」と言うのだけでもなんだか申し訳なく感じるのに、それを電話で…。

 

小心者な私には、ポチポチ!と解約出来るほうがありがたいです。

 

 

美白効果が高いのは、エトヴォスのVCローション!

プリモディーネもエトヴォスのVCローションも、どちらにも美白効果はありますが、美白効果に限ってみると、エトヴォスの方が優勢!

 

というのは、エトヴォスの有効成分として、3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)が配合されているから。

 

 

通常、ビタミンC誘導体はシミの素になるチロシナーゼの活性を阻害する働きがあります。

 

プリモディーネに配合されている、3ーグリセリルアスコルビン酸(Amitose3GA)やパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)もチロシナーゼの活性を抑えてくれます。

 

これがいわゆる「美白効果」なのですが、エトヴォスのVCローションには、ここにプラスしてメラニン(シミ)になる直前のメラニン単量体がメラニンになるのも阻害してくれます。

 

ちょっと難しいですが、シミになる回路を、プリモディーネのVCローションが1度しかパンチできないのに対し、エトヴォスのVCローションは2度パンチできるということです。

 

 

ニキビ・毛穴に効果が高いのは、プリモディーネのVCローション!

成分表は、私たち消費者が、商品の品質を見分けることができる大切な情報源です。

 

成分表を読むことで、企業の魅惑的なキャッチコピーを鵜呑みにせず、商品そのものの本当の品質を知ることができます。

 

 

早速、エトヴォスのVCローションとプリモディーネのVCローションと、を読み解いていくと…

 

 

《エトヴォスのVCローションの成分がこちら…》

【有効成分】3-O-エチルアスコルビン酸、グリチルリチン酸2K
【その他成分】精製水、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール(=ペンチレングリコール 防腐剤)、無水クエン酸、…省略…

 

《プリモディーネVCローションの全成分》

水、ペンチレングリコール(防腐剤)、3ーグリセリルアスコルビン酸(VC誘導体(Amitose3GA))、クエン酸Na(ph調整)、…省略…

 

 

エトヴォスの成分表は、《有効成分》と《その他成分》が別に表記されています。

 

成分表は、基本的に多いものの順から並んで記載してあるので、これでは、どのくらい《有効成分》が入っているのか見当をつけるのが難しいです。

 

 

一方、プリモディーネのVCローションは、《全成分》で表記。

 

一番目に水が多いですよ〜次に防腐剤ですよ〜そしてその次に有効成分のビタミンC誘導体ですよ〜とわかるようになっています。

 

なんと3番目に有効成分である3ーグリセリルアスコルビン酸(ビタミンC誘導体(Amitose3GA)がきています。

 

 

成分表の表記だけで、超高濃度にビタミンC誘導体が配合されていることがわかります。

 

さらに、HPをみると、ビタミンC誘導体(Amitose3GA)が8%、+(APPS)が1%と濃度がまで明記!

 

つまり…100mlの化粧水のうち、約10%がビタミンC誘導体ということ。

 

通常、成分の濃度まで出しているメーカーは少ないので、%をだしているということは自信の表れともいえます。

 

「見てください!この濃さを!!!」という感じですね

 

 

敏感肌の方におすすめなのは、プリモディーネのVCローション!

どちらも敏感肌に向けての商品ですが、成分を見ると、プリモディーネのVCローションのほうが添加物がずいぶん少ないです。

 

さらに、プリモディーネのVC誘導体は、Amitose3GAという肌に優しいものを使用しています。

 

Amitose3GAは、2015年に「日本香粧品学会誌」にも掲載された注目の成分。

 

従来のビタミンC誘導体の効果を持ちながら、抗酸化作用やコラーゲン産生促進作用など、複数のエイジングケア効果も兼ね備えたお肌に優しいビタミンC誘導体です。

 

 

エトヴォスVCローションを特にオススメする人がこちら!

  • 月々の美容代を抑えたい方
  • シミやくすみにお悩みの方

 

プリモディーネ《VCローション》を特にオススメする人

  • 大人ニキビや毛穴にお悩みの方
  • 高濃度、高品質の商品を使いたい方
  • お肌が特に敏感な方

 

*プリモディーネをキャンペーン価格で購入するならこちら

プリモディーネ,VCローション,エトヴォス

 

 

 

 

このページの先頭へ